内科

内科について

皆様の“かかりつけ医”です

イメージ

せき、たん、のどの痛み、急な発熱、腹痛、下痢、嘔吐などの急性症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、幅広く内科系疾患全般に対応いたします。
急な体調不良や日常的に起こる症状の診察・検査などに応じますので、はっきりとした症状が出ている時はもちろん、「具合が悪いのだけれど、何科を受診したらいいのかわからない」というような曖昧な場合も、お気軽にご相談ください。
皆様の“かかりつけ医”(ご自身・ご家族の日常的な診療、および健康管理をしてくれる身近なお医者さん)として、患者様とのコミュニケーションを大切にしながら、丁寧な初期診療(プライマリ・ケア)をいたします。

いつ頃から、どんな症状が現れているのか、また既往歴についてもお伝えいただくと、診察がスムーズに進みます。

学校や会社の健診などで、何らかの「指摘」を受けた方の診療も行っております。

高度医療や入院が必要と判断された場合には、症状や状態に応じて専門科を判断し、しかるべき医療機関へのご紹介をいたします。

来院される患者様によく見られる症状

  • 発熱
  • せき
  • のどの痛み
  • おなかの調子が悪い(腹痛、便秘・下痢)
  • 吐き気
  • のみこみが悪い
  • 背部痛
  • 体重減少
  • 便に血が混じる
  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい
  • 動悸
  • 息切れ
  • 腰痛
  • 疲労感
  • 全身倦怠感

など

遠慮無くご相談ください

内科的な疾患はいろいろな自覚症状で始まりますが、重大な病気の前兆であることもしばしばです。
一見大したことがないように見えても侮れませんので、自覚症状がはっきりしている場合はもちろん、「なんとなく調子が悪い」というような場合も、医師にかかるほどではないなどと自己判断せずに、遠慮無くご相談ください。

内科の主な診療疾患

急性疾患

風邪、インフルエンザ、扁桃腺炎、肺炎、気管支炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)、尿道・膀胱炎など

慢性疾患

生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)など)、動脈硬化、肝機能障害、貧血、頭痛、便秘症など

一般財団法人 小松診療所

TAKASHI SAGISAKA

ドクターズ・ファイル

ヘルスケア大学

当院が取材されました 病院まちねっと